古民家 リフォーム

古民家の作りに、現代の生活様式や建築資材などを用いて、再生すれば快適に暮らせる住宅になり得ます。

しかし、古民家再生費用は実際どのくらいかかるのでしょう?

kominnka1私は自分達で便所・床・壁などをリフォームして、台所とお風呂は無理なので、地元の業者さんにお願いしました。

古民家リフォーム費用は約50万円ほどでした。

ただし、断熱材は入れる余裕はなかったので、冬は床から壁から山の冷気が体に堪えますネ。

予算的に余裕があれば、絶対に断熱材の利用はお勧めします。

古民家再生費用は、大まかには新築よりやや安めとは聞いていますが、古民家再生事例がないものかと探してみました。

大変参考になるリフォーム記録を写真付きで掲載されています。

古民家再生・築85年の日本家屋リフォーム記録
http://doyano.sytes.net/kominka/index.html

この方はリフォームというよりは古民家再生の「部分再生」になります。

・躯体部分の補強を中心に、水周りとリビングなど生活様式の改善
・屋根は現状のまま、二階部分も床の補強を主体として再生
・基礎はベタ基礎ではなく「つか」を強化する方法にて


500万円の場合:水周りや、外壁、屋根などのリフォーム
1000万円:バリヤフリー、部屋の増設などを含めた内装工事まで
1500万円:躯体工事の強化を含めた部分再生
2000万円:本格的な基礎工事や耐震工事を含めた完全再生

上記のように、古民家は予算に応じた再生が可能だ、として提案下さっています。


私の過去の記事も参考にされて下さいね。↓

古民家のリフォーム会社-鹿児島県編>>
古民家の古材で新築住宅を>>

古民家再生の費用はどのくらいかかるか?>>

このエントリーをはてなブックマークに追加
田舎暮らしランキングに参加し始めました♪
ninkiblogranking

田舎暮らし 仕事情報

古民家鑑定士とは、厚生労働省認可財団法人職業技能振興会により、古民家の評価をすることを目的に創設された公的な資格です。

古民家鑑定士は、築50年以上の日本の住宅で使われていた伝統的な構法(伝統構法)並びに在来構法を理解し、そこに使用される伝統的な資材に精通し、古民家で培われた日本の気候風土に合った持続可能な住環境を次世代に継承していく為の知識と経験を兼ね備えなければいけません。

その為には、解体された古民家などの建物から産出される木材や瓦、その他の資材を建築分野において再活用するための専門的な知識を身につけ、持続可能な建築物の調査、再活用の提案を行う事を業とし、未来の子供達に残すべき日本の住文化を守り、活かし、伝えていく事です。

それをユーザーに解りやすく伝える為に、古民家を調査し、古民家鑑定書を発行する業務を担います。

※古民家鑑定士資格は3年ごとに更新が必要です。
資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

古民家鑑定士試験情報より

公式テキストも手軽に楽天などで購入でき、古民家や伝統資材について学びたい方にもおススメですね。
【送料無料】古民家鑑定本
【送料無料】古民家検定本
【送料無料】古材 環境時代の選択

20歳以上の方なら、受験ができます。

試験は「古民家鑑定本」テキスト(税込6,000円)の内容に沿って出題されます。

全国の書店やAmazon・楽天ブックス、などで購入し、テキストに沿って勉強して下さい、とあります。

古民家鑑定士1級などの資格が取れます。

また、独学以外の学習方法として、通信講座や受験対策講習も用意されていますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう!

古民家鑑定士とは>>
このエントリーをはてなブックマークに追加
田舎暮らしランキングに参加し始めました♪
ninkiblogranking

古民家 千葉県

千葉県の古民家に関連する情報を集めてみました。


【古民家物件を扱っている不動産屋】

■東拓建設株式会社
http://www.totaku.com/

千葉 古民家・里山物件を1200以上扱い、田舎暮らしに相当力を入れてくれている不動産屋さん。

トップーページ上部に[田舎暮らしをしたい]・[海辺に住みたい]・[菜園を楽しみたい ]の項目アリ。

無料カタログ請求ができます。

「築100年の古民家に住みたい!」
「定年後千葉に移住してみたい!」
「里山で自給自足の生活をしたい!」

を叶えてくれます。



【古民家再生】

■千葉県古民家再生協会
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/2749/index.html

古民家再生をしてくれます。

地盤調査や基礎工事などから、まかせることで安心して暮らせますね。



【古民家宿泊】

■古民家の宿 中野屋

千葉県夷隅郡大多喜町小土呂197

敷地1000坪に建つ築年数不明という由緒正しい古民家屋敷。

テレビ番組「ビートたけしの元気村」収録の舞台になったことも。

大多喜の貸し別荘タイプの古民家で、囲炉裏・野外バーベキュー、餅つき器等、遊べるグッズもあります。

春にはたけのこ狩りや山菜取りなどもできます。

料金:3000円


■季節の囲炉裏料理と古民家の宿 竹林奏
http://www.chikurinso.com/aisatsu.html

千葉県勝浦市大楠791

敷地1500坪に建つ母屋と離れが、古き良き日本の情緒をかもし出しています。

母屋一棟と、離れ一棟の完全貸切の高級感あふれる旅館です。

母屋内のヒノキ風呂も、離れそばの別棟専用家族風呂とどちらも甲乙つけがたい空間ですね。

ブログhttp://chikurinso.blog41.fc2.com/では、竹林奏さんの日々の出来事を写真を通して知ることが出来ます。

料金:母屋18000円〜31000円 (人数・季節によって違います)

千葉県は東京からも近く、温暖な気候なので東京からの移住者にも人気がありますね。

千葉 古民家に関する情報>>
このエントリーをはてなブックマークに追加
田舎暮らしランキングに参加し始めました♪
ninkiblogranking

古民家 三重県

wa-09p
私は神社めぐりが大好きなのですが、一度は伊勢神宮にお参りに行ってみたいです。

三重県で古民家宿泊・農業体験民宿があるので、私の備忘録として記しておきます。


■伊勢のゲストハウス 風見荘/格安旅館・安宿
〒516-0073 三重県伊勢市吹上 1−6−36
http://ise-guesthouse.com/
http://blog.goo.ne.jp/ise_kazami

チェックポイント:古民家を改装した感じ?・伊勢神宮近い・2600円から・壁の絵がオシャレ


■農家民宿 なかや
〒515-3312 三重県津市美杉町上多気 1312
http://www.zb.ztv.ne.jp/htf-iwata243120/index.html


チェックポイント:昔ながらの古い2階建てで、伊勢本街道にあるだけあって、街道宿の趣たっぷり・五右衛門風呂


■農家民宿 源

〒517-0506 三重県志摩市阿児町国府2857
http://www.suncraft.com/gen/about_1.htmlより抜粋

2008年元日、インテリアデザイン、古民家再生、リフォームの「仲川工芸」と、併設の「陶芸アトリエ・コスモス」が、「陶芸しながら泊まれるモデルルーム」としてオープンしました。
志摩で、農業を営んできたご先祖様が残してくれた、小さな農家建築。

源では、仲川家の離れ一棟をお使い頂きます。
ご宿泊は一組さま限定ですが、犬のシバちゃんや、仲川家の面々はもちろん、郵便や配達、近所のおばちゃんが訪れるなど、国府という村での、ごく普通の暮らしがあります。
特に観光化された村ではなく、とても、のんびりした空気です。
ひと味ちがった国立公園、伊勢志摩を味わえるかもしれません。

チェックポイント:築110年の古民家・収穫・陶芸体験・釣り・磯遊びあり・ペット不可

■旅人宿石垣屋
〒519-1112 三重県亀山市関町中町445番地
http://ishigakiya.at.webry.info/
http://ishigakiya.tyonmage.com/より抜粋

2009年ご夫婦と愛犬ゆりことともに住んでみたい土地を見つけオープン。
東海道の宿場町『関宿』のほぼ中心にある築120年の素泊まり宿です。
一人旅、バイク旅、車旅、自転車旅、電車旅、徒歩旅などなど旅が大好きな方なら大歓迎です!
いろんな旅人たちとおしゃべりして、宴して、宿場町を散策して 、楽しい時間をすごしてください。

チェックポイント:築120年の古民家・素泊まり3500円・暖かい雰囲気


■古民家の宿ふとみ
〒518-0216 三重県伊賀市高尾1752
http://www.you-blog.jp/blog/futomi/
http://www.asint.jp/~futomi/より抜粋

宿の横を流れる清流で、3月からはアマゴ釣りを楽しみ、6月には幻想的な光を放つ蛍が乱舞する光景を宿の縁側で見ることができます。

チェックポイント:築200年の古民家・自炊型宿・じっちゃんばちゃん家みたいに利用して欲しいと・4500円

三重県の古民家宿泊できる宿>>
このエントリーをはてなブックマークに追加
田舎暮らしランキングに参加し始めました♪
ninkiblogranking

田舎暮らし 古民家全般

古民家フォト甲子園という大会についてです。

日本全国の古民家の文化性・エコなポイントを写真で訴求するコンテスト。

高校生からの応募により、インターネットを主体として開催されるものです。

古民家を通して日本のすばらしい文化に触れて欲しい!とい実行委員会の方の熱い想い、イイですね〜。

2月上旬からコンテストサイトにて、作品の受付を開始するそうです。

写真・文章・動画でも表現できるという、ネットを存分に活用できるみたいです。

写真の優劣を決める審査は全国の方が対象なので、もしかしたら私も投票者として参加できるのかな?

詳細はまだ準備中だそうです。



古民家フォト甲子園>>
このエントリーをはてなブックマークに追加
田舎暮らしランキングに参加し始めました♪
ninkiblogranking


Profile

田舎LOVE

東京から鹿児島の古民家に移住しちゃった田舎LOVEです。
田舎の山道はきつすぎて愛用の自転車は乗れなくなりました。
田舎の古民家暮らしは日々新鮮!
みなさんの田舎移住の参考になりますように♪