田舎暮らし古民家に住んでます

古民家に住んでます田舎暮らし 自給自足ニワトリの絞め方

ニワトリの絞め方について知りたい人だけ読んでくださいね。

自給自足で命の意味を知るの記事の続きです。

ニワトリは意外とすばしっこくて、つかまえるところから大変です。

手で捕まえようとしても、バタバタ〜っと、砂埃を立ち上げて逃げ回ります。

私は昆虫網で少しだけ離れたところから、パッとかぶせて捕まえます。

さて、近所のじいちゃんは手馴れているので、すっと羽を持ってつかまえました。

すぐに、羽をエックス型に重ねます。

右羽を左羽とクロスさせて、バタバタできないようにするワケです。


例の【ニワトリ絞め道具】に頭から突っ込みます。

この時、私は大変驚きました。

我が手で育ててきたウコッケイは、あばれるどころか、スッと目をとじて、なんとも穏やかな顔になったのです!

別の命の有難さと、殺生される運命にある鶏の素直な行動に、一生忘れることのできない深いを感じました。


鶏もわかってるんだ、食べられる事が運命だと。。

自分の命を与えることが、愛なんだ、と。

なんと、潔い、美しい光景なのだろう。



私が涙をハラハラとこぼしながら、感傷的になっていることなど全く気にもせず、じいちゃんは持ってきた小刀で首を切り落とします。

血がこぼれるので、地面の上に新聞紙を敷いていました。

首はつけたままだと、変に動いたり鳴いたりするので、かえって可愛そうだとのこと。

30分程度、血が抜けるまで待って、用意しておいた80度程度のお湯が入った大鍋に投入。

ほんの1分程度浸したら、取り出してすぐに羽を全部手でむしり取ります。

むしった後に、バーナーで表面全体をあぶると、残った小さな羽もなくなりました。

ちなみに熱湯に入れると固くなるそうです。

その後は、まな板の上で、ひっくり返された鶏の手と脚の付け根の皮に包丁を入れ、アバラの下から内臓をとって、開いていきます。

じいちゃんは手際良く、3分ほどで、むね肉、もも肉、手羽、のど、などに分けてしまいました。


この状態はよくスーパーで見かける状態なので、なんだかホッとしたのを覚えています。


とまあ、こんな具合でニワトリは絞められ、開かれていったのです。


それからは、お客さんが我が家に遊びに来る時だけ絞めて、おもてなし料理としてふるまっています。

ウコッケイのトサカ入りの美肌スープや、鶏肉入りシチューや、モモ焼きとしてお出ししますが、その時の女性陣の食いつき方がエグイほど。


「トサカ、もうないの〜?!」

「え〜、私、トサカ食べてないし〜!」

(今から、アンタが自分で絞めて来い!)


ハイハイ、そりゃコラーゲンたっぷりですよ、トサカは。

私だって、お肌の事を思えば、食べたかったですよ。

残念ながら、トサカは1羽に1個しかありませ〜ん。


daki
雌のトサカは小さいです。


人間、その命が消える瞬間を見ていないと、ここまで貪欲に食べられるんだ、と現実を見る思いでした。

やはり、ご飯の時に「いただきます。」と言うのは、理にかなっているのですね。

さすがに、「今から、命をいただきます。」とは言えませんが。

田舎暮らしで体も心も魂も!頑丈になった田舎LOVEでした。

ニワトリの絞め方>>

このエントリーをはてなブックマークに追加
田舎暮らしランキングに参加し始めました♪
ninkiblogranking


<<養鶏は自給自足者を助ける古民家に住んでますのトップへ富山の古民家に家賃1万円で住んでください>>



Profile

田舎LOVE

東京から鹿児島の古民家に移住しちゃった田舎LOVEです。
田舎の山道はきつすぎて愛用の自転車は乗れなくなりました。
田舎の古民家暮らしは日々新鮮!
みなさんの田舎移住の参考になりますように♪